ダンスクラブ元経営者「無罪」確定へ

無許可で客にダンスをさせたとして、風営法違反の罪に問われたダンスクラブの元経営者について、最高裁は検察側の上告を退ける決定を出し無罪が確定することになった。

また、この事件が契機となって、ダンスクラブを取り巻く「風営法」が一部改正となった。まだまだ課題が残る法改正のようだが、この裁判結果はダンスクラブにとって一つの朗報と言えるだろう。

摘発、拘留、裁判という困難な道のりに正面から取り組み乗り越えてきた「金光」氏に心から「お疲れさま」の気持ちとともに「感謝」の意をお送りしたい。

参照 : YAHOOニュース

 

カテゴリー: NEWS