「ダンス禁止」の風営法違反容疑、大阪クラブ「NOON」元経営者に無罪判決

風営法違反の罪に問われていた大阪・梅田のクラブ「NOON」の元経営者、金光正年氏に対し、4月25日に大阪地裁が無罪判決を下した。

金光氏はNOONにて、「無許可で客にダンスをさせた」として2012年4月に摘発、拘留された。
この法律では、クラブや社交ダンス、ダンス教室なども規制の対象にな得る事などから、時代に即していないとしてミュージシャンなど反対者が多数おり、署名活動などを通して法改正への働きかけを行っている。
また、国会議員の中でも、同法に対して反対を表明する超党派での集まりが、「ダンス文化推進議連」を組織し、風営法のダンス規制見直しについて取り組んでいる。

無用な取り締まりの根拠となっている風営法改正への足がかりとなる判決と、関係者は期待を寄せている。

皆で、 「踊れる国 日本」 を作っていきましょう!!

カテゴリー: NEWS