「Funkadelic – One Nation Under A Groove」

HOUSE LEGEND誌にも掲載されたFunkadelic中期の名盤にして代表作。

 
 
George Clinton率いるFunkadelicが[Warner]に移籍して最初にリリースしたアルバム『One Nation Under a Groove』(’78年)のタイトル・トラック。

 

P-Funk代表曲にして、BLACK MUSIC史を語る上で欠かすことの出来ない大名曲!

  • 4 the Funk of It / Above The Law
  • Now We Lay ‘Em Down / The Eastsidaz
  • So What Cha Sain’ / EPMD
  • Martial Law / George Clinton
  • Bop Gun (One Nation) / Ice Cube
  • Groovin’ / Radio
  • Down with Slow Pain / Slow Pain
  • Funkin’ Lesson / X-Clan

…等、現在までに数々のHIP HOPの名曲にサンプリングされている。